バナー

故人を供養する新しい冠婚葬祭である永代供養

永代供養とは、将来にわたって自分を供養してくれる人がいない事が予想される場合に、あらかじめ寺院に依頼しておくことによってしばらくの間自分の供養をしてもらう事ができるという制度です。

この制度の画期的な点は、身寄りが無い人でもお金さえ支払えば供養をしてもらう事に困ることは無いという点です。


最近では少子高齢化社会と呼ばれる時代に突入したことが原因で、自分の供養をしてくれる親戚が存在しないといった問題が起き、それが社会問題となっています。

また、無縁仏と呼ばれる誰からも認知されていない仏が最近では急速に増加しています。

All About情報をピックアップしたサイトです。

冠婚葬祭の新しい形として定着した永代供養は、こうした無縁仏にとっては救世主といっても過言ではないでしょう。万が一親族に自分の遺骨の引き取り手が無い場合には、無縁仏として他人と合同で埋葬されることが一般的でしたが、亡くなった後くらいは自分の墓を持ちたいと考えるご老人が増えていることもあいまって、永代供養墓の規模は急速に拡大しています。


最近では一般的な冠婚葬祭用のお墓を持っている寺院でもこうした永代供養に取り組む動きが見られ、墓地の片隅に永代供養の墓を備えているところも珍しくありません。



この方法を使うメリットとして挙げられる点は、たとえ自分の墓に参拝に来てくれる友人が突然現れたとしても、一般的なお墓と同じように献花を行う事ができたり、線香をあげることが出来る点にあります。

このような冠婚葬祭の新しい形は時代と共に常に進化しています。