バナー

冠婚葬祭の締め括り―永代供養墓

勿論、地域や好みによって、冠婚葬祭を華やかに厳かに催す文化を継承している人々もまだまだあるのかもしれませんが、残念ながら、昨今では冠婚葬祭の規模を縮小し、結婚式やお葬式も家族単位で済ませることが多くなってきました。「お墓」についても例外ではありません。

子々孫々の代まで先祖を祀り供養する「先祖代々の墓」とは違う、「永代供養墓」が増えているようです。
永代供養墓とは、墓参りに行けず(行かず)でお墓参りが出来なくても、代わりに寺院が永代にわたり供養と管理をしてくれるお墓のことです。

All About情報全般について知りたい方のお手伝いをします。

檀家としてお寺とのお付き合いなども必要がないので、近隣のお寺である必要がありません。


寺院や納骨方法も様々ですし、過去の宗旨宗派にこだわることもないので、自分たちの好みや都合に合う寺院を選ぶことができます。

そして、一式料金を支払えば、その後の管理費やお布施、寄付金などがかからず、残された子や孫たちに負担をかける心配がありませんし、「お一人様」にも安心なのではないでしょうか。



核家族化や少子高齢化が進み、親と子が遠く離れて住まうことも珍しくなくなり、墓や信仰を継承する子や孫がおらず、自分の死後の供養が心配になり検討する人が増えているのだと思います。
永代供養墓の一式料金には、永代供養料、納骨法要のお布施、刻字料が一体になっている場合が主のようですが、寺院によっては、含まれる内容が異なっていたり、申込みが夫婦同時や複数体申込みで割安となったり、生前申込みに対しての別途料金がかかる場合もあるようです。



申し込みの際には、誤解の無いようにしっかり確認することが必要でしょう。

冠婚葬祭の最後を気持ちよく締め括られるよう、検討・準備されてはいかがでしょうか。