バナー

海洋葬をするにあたって気になることとは

海洋葬はコストもかかりませんし、遺骨を送付したら後のことはすべて企業が担当してくれるので非常に楽に済みます。

本人も釣り好きな人や海水浴の人など、お墓の中に入るよりは海に還りたいという人も少なからずいますし、実際に海洋葬を依頼する人以上に、この埋葬法に関心のある人は多いのではないかと予想されます。
海洋葬をやりたい人なら、興味があっても少々気になることや疑問に感じていることの一つか二つはあるはずです。
遺族の意見も割れがちな方法だからこそ、疑問をすべてなくして納得したうえで海中に散骨してもらうかどうかを決めるようにしましょう。


まずは散骨した後の骨壺はどうなるかですが、骨壺は業者の方で処分される場合が多いのでその点は把握しておくべきでしょう。


また、骨壺の中に金歯や宝石などの貴金属が混ざっている場合も一緒に処分されるのでこれが嫌な場合はあらかじめ抜き取っておきます。



散骨や簡潔なセレモニーは業者がすべて代理で行いますが、一つずつ遺骨を持って散骨するのではなく数人分をまとめて散骨される場合が多いことも覚えておくべきです。

NAVERまとめの情報を知りたい方必見です。

散骨の様子はアルバムにおさめ、日付入りの証明書とともに送られてきます。

基本的に海洋葬を依頼する人は骨壺の中をすべて散骨することを希望しますが、少しだけ手元に残したい人も中にはいます。



そのような時にもパウダー状にした遺骨を専用の遺骨をしまうペンダントや新しい骨壺などに詰めて返却してもらうこともできます。