バナー

冠婚葬祭での自然葬の大切な役割

人が亡くなった場合に一般的な葬儀の方法は、一般葬と呼ばれている日本でも伝統のある形態のお葬式です。
しかしながら、最近の家族環境の変化や高齢化などの事情から、見送りの新しいスタイルが多数登場しています。

これらは新しい冠婚葬祭のスタイルではあるものの、仏式の葬儀をベースに作られたお葬式であるために、特別に奇抜なお葬式を行うわけではありません。

新しいスタイルの葬儀では故人の生き様や命に対する深い思いを反映し、故人を見送る人にとっても最良の送別が出来るように工夫されたプランが数多く存在します。



今までと全く異なるスタイルの葬式としては「自由葬」と呼ばれる方式がありますが、これは特定の宗教にこだわらずに葬式を行う新しい冠婚葬祭の形です。



それに対して、「自然葬」とは故人の遺志を尊重し、お葬式はなるべく質素に行い、葬式そして火葬が終わった後は、海や山で眠りたいといった願いを叶えるために作られた新しい葬儀の方法です。

wikipedia情報に対応した情報サイトです。

自然葬の種類には、樹木を墓石として取り扱う樹木葬と呼ばれる方法や、洋上散骨と呼ばれる海の上から遺骨を振り落とすといった方法があります。

これらはもちろん故人の遺志が尊重されますので、生前に遺骨の扱いについて希望を聞いておくことは大切です。

珍しい冠婚葬祭の方法としては、「直葬」といって葬式を一切行わず、火葬場の前で簡単なお別れの儀式を行うだけの簡単な法要が取られることもあり、その場合にも自然葬として自然の中に遺骨を埋葬する場合もあります。